静岡市駿河区の石井歯科クリニック|予防歯科・デンタルエステ・インプラント治療
ホーム感染予防対策予防歯科デンタルエステインプラント
HOME > インプラント

インプラント Implant

第二の永久歯で、自然で美しい笑顔とともに充実した生活を。

インプラントとは

Healthy & Estheticな志向が高まり、歯の美容にも関心が高くなっています。失った歯は機能的な面だけでなく審美的にも早く回復しなければなりません。入れ歯をご経験の方で、もっと自然に会話や食事が楽しめ、見た目もご自分の歯に近い歯がないかとお考えの方にご案内したいのがインプラント治療です。

インプラントは第二の永久歯ともいわれ、入れ歯にかわる新しい歯として研究されています。インプラントは従来の歯科治療に比べると高度な技術が必要ですので、よくご相談の上治療を始めていただき、自然で美しい笑顔とともに充実した生活をお送りください。

インプラントの構造

インプラント治療は歯を失った部分のあごの骨にインプラント体を入れて支柱とし、その上に人工的な歯をしっかりと固定する治療法です。

インプラントは生体との親和性が高いチタンという金属で造られています。チタンは長年の基礎的、臨床的研究からインプラントの材料として最も安全で、あごの骨と結合することが確認されています。インプラントとあごの骨がしっかりと結合すれば、その上には丈夫で安定した歯を作ることができます。入れ歯ではどうしても満足することが難しかった“食べる”“話す”こともインプラント治療によりご自分の歯と同じような感覚を取り戻すことができます。

GC IMPLANT SYSTEM 株式会社ジーシー
http://www.gcdental.co.jp/
【プライス】
診断用Wax up・ステント
10,500円
画像診断料 
21,000円
1次オペ(インプラント体の埋入)
105,000円
(※必要に応じて骨造成術
52,500円)
2次オペ(歯肉の開窓)
52,500円
印象採得(型取り)
21,000円
上部構造体set(人工的な歯の装着)
73,500円~115,500円

SimPlant
最先端インプラント術前シュミレーションソフトの導入

インプラント治療において、特に難症例(顎の骨が薄い、細い)といわれる場合には術前に顎の状態をより詳しく調べておくことが非常に大切です。
デジタルレントゲン画像では、従来のレントゲン画像より、より鮮明に歪みがなく撮影できますが、平面上でしか顎の状態を捉えることができないので、実際にインプラント手術を行なうと、術前に想像していた状態とは、顎の幅や厚みが異なる場合があり、術前に計画したとおりのサイズのインプラントを埋入することができない事があります。
そのためインプラントの手術時間が長くなったり、さらに別の処置が増えたり、さらには治療計画そのものを変更せざるを得ない場合もあり、患者様に一層の負担をかける事があります。

そこで、インプラントの術前診査において、提携の病院でCT撮影(断層撮影)を行い、そのデータを再構成した3D画像(立体画像)により、コンピューターの画面上でインプラント埋入シュミレーションを行ないます。
特にインプラント治療において重要な下歯槽管神経(下顎管)やオトガイ孔(下歯槽管神経の出口)までの距離を正確に把握できますので、今まで以上に、患者様により安全で確実なインプラント治療を行なうことができます。
また患者様もご自身の顎の状態を、コンピューターの画像でご覧いただけますので、治療計画を大変容易にご理解できます。

SimPlant検査の流れ

1.提携の病院においてCT撮影を行ないます
  • 当医院では静岡済生会総合病院または静岡県立総合病院でCT撮影を行なっております。
  • CT撮影の費用は患者さまでご負担いただくようお願いします。
2.マテリアライズで画像処理
  • CTデータをSimPlant用データに作成します
3.治療計画の説明
  • SimPlant用データに基づき患者様に治療の流れをシュミレーション致します。